任意整理

任意整理中に作れるクレジットカードと作れた事例【ETCカード付】

 

任意整理中に作れるクレジットカードはあるの?作れたカードがあるなら知りたいな!

 

このような疑問の答えがここにあります!

 

記事の内容

  • 任意整理中に作れるクレジットカード
  • 任意整理中にクレジットカードが作れた事例
  • 任意整理中に作れるクレジットカードの詳細
  • 任意整理中にETCカードを作るには

 

今回は実際に任意整理をしている僕が任意整理中に作れるクレジットカードを紹介します!
大次郎

 

結論をいうと任意整理中に作れるクレジットカードがあります。

 

任意整理中でクレジットカードが作れずに

「なんでクレジットカード持ってないの?」

と言われた経験がある人も多いはず。

 

そこで今回は任意整理中でも作れるクレジットカードの紹介と作れた事例を紹介します。

 

今回紹介するクレジットカードでETCカードも作ることができますよ。

 

任意整理中のブラックでどうしてもクレジットカードが作りたい人は必見です!

 

\任意整理中でも作れるクレジットカード/

 

任意整理中に作れるクレジットカードはこれだけ!

デポジット型ライフカード

 

任意整理中に作れるクレジットカードはデポジット型ライフカード

 

このクレジットカードはライフカード株式会社から発行されていて独自の審査をしているので実際にブラックでもクレジットカードが作れたという声がTwitterや5chで見られます。

※ライフカード株式会社についてはWikipediaから見ることができます。

 

上記の画像を見ると会社公式でクレジットカードを作れない人でもつくれることを売りにしていることがわかります。

 

このデポジット型ライフカードはETCカードもつくることができるのでETCカードが欲しい人にもおすすめです。

 

\任意整理中に作れるクレジットカード/

 

任意整理中にデポジット型ライフカードが作れた事例

任意整理中でも作れるクレジットカード

 

このデポジット型ライフカードはブラックでも確実に作れるというわけではありませんが実際に作れている人がTwitterで見つけることができたので見ていきましょう。

 

 

この方々のように任意整理をしてブラックになってもデポジット型ライフカードは作ることができている事例があります。

 

\任意整理中でも作れるクレジットカード/

 

デポジット型ライフカードとは?任意整理中にETCカードを作るには?

任意整理中でも作れるクレジットカード

 

デポジット型ライフカードは買い物などの使用では普通のクレジットカードと違いがありませんが大きく異なる部分があります。

 

それは始めにデポジット(保証金)をしなければならず、その保証金額がクレジットの利用限度額のところです。

 

このデポジット型ライフカードは発行に保証金+年会費が必要でカードの受け取り時に現金代引きで支払う必要があります。

 

 

利用後の支払いは通常のクレジットカードと同じで利用代金の支払いは銀行口座から自動引き落としです。

 

保証金がは利用代金の支払いが遅れた時にそこから返済金に充てる「必ずお金を支払う保証」のようなものです。

 

この保証金は解約時に返金されるのでなくなるわけではありませんので安心してください!
大次郎

 

ETCカードを作る場合は限度額10万円の通常のカードかゴールドカードを作る必要があるので注意しましょう。

 

デポジット型ライフカードのメリット

デポジット型ライフカードの特徴

 

デポジット型ライフカードのメリットは下記です。

  • デビットカードと違いクレジットカードとして利用できる
  • 上記の画像のETCカード発行等のサービスが付いている
  • クレヒスが付く

 

デポジット型ライフカードは利用面で通常のクレジットカードと変わりがないのでデビットカードで利用できないところでも利用できることも大きなメリットです。

デビットカードに対応していない会社も多いのでこのような問題も防ぐことができます。

 

ETCカードはデビットカードでは作ることができないので任意整理中に欲しい人には最高のメリットとなります。

 

他にもクレヒス(クレジットヒストリー)を付けることができ、きちんと支払いをしていればブラック後の審査が有利になるので今から将来に向けてクレヒスをよくしたい人にもおすすめです。

 

\任意整理中でも作れるクレジットカード/

 

デポジット型ライフカードのデメリット

 

デポジット型ライフカードのデメリットは下記です。

  • 始めにまとまったお金が必要なこと
  • ブランドがマスターカードのみで一括払いしかできない

 

始めに年会費の5,500円と一番低い保証金で50,000円が必要なので少しお金に余裕がないと発行できないことです。

 

発行時にかかる金額

年会費5,500円 + 最低保証金50,000円 = 55,500円

 

発行するのに最低55,500円を用意しるのは任意整理をしている人には少しきつい金額です。

 

ですが、他では発行できないブラックの人がクレジットカードを作るにはこれぐらいは仕方がない部分です。

 

どうしても欲しい人はポイントサイト等の簡単に始められる副業で収入を増やして保証金を貯めましょう。

 

お金に余裕がない人が簡単に始められるおすすめ副業5選 >>

 

発行のお金を用意するのが難しい人はクレジットカードの代わりになるカードを紹介しているのでこちらを参考にしてみてください。

 

任意整理のデメリットであるクレジットカード作成はこれで解決!

 

今回紹介したデポジット型ライフカードで必ずと断定することはできませんがブラックでもクレジットカードはつくることができます。

 

任意整理のデメリットのひとつであるクレジットカードの新規作成の問題がデポジット型ライフカードがあれば解決です。

 

デポジット型ライフカードを作ってクレジット専用の店で買い物を躊躇することも高速道路でおじちゃんに通行料の手渡しする生活ともおさらばしましょう。

\任意整理中に作れるクレジットカード/

 

任意整理おすすめ弁護士事務所

ここに任せたら解決!任意整理に強い弁護士事務所TOP3

1位 ひばり(旧:名村)法律事務所

名村法律事務所

【筆者も依頼している事務所!】

弁護士歴25年の圧倒的な信頼。

費用、サービス共に弁護士事務所トップクラス。

ひばり法律事務所で任意整理を検討する時に疑問点があればTwitterやお問い合わせからご相談ください!

費用

着手金:1件 20,000円

報酬金:1件 20,000円

減額報酬:10%

時間 平日:10:00~19:00
匿名無料相談 可能
メール受付 24時間
地域 全国

-任意整理

© 2021 借金お悩み解決局