任意整理

どんな人が任意整理するべきか?5つの判断基準を経験者が解説【要注意】

 

借金が苦しいんだけど任意整理はするべきなのかな? 判断基準があれば知りたいな!

 

このような疑問にお答えします。

 

記事の内容

  • 任意整理するべき人の5つの判断基準
  • 任意整理の手続きの流れ
  • 任意整理を依頼する事務所の選び方

 

この記事を書いている僕は2019年の10月に任意整理をしています!
どんな人が任意整理するべきかの判断基準を経験者の僕の観点から書いています!
大次郎

 

借金に悩まされていて任意整理をする人は年間に200万人~300万人いると言われています。

 

ですが、どのような人が任意整理するべきかという明確な判断基準はありません。

 

今から判断基準を紹介しますが極端にいうとあなたが借金に苦しんでいるならしたほうがいい!

 

ですが、そんなことわかっているけど悩んでいる人にこの判断基準を参考にしてほしいです。

 

判断基準の前に任意整理のデメリットやできない場合もありので確認してください。

 

大きな決断になるので任意整理をする前にそこは必ず知っておくべきです。

 

任意整理のデメリットとできない場合は【これで完璧】任意整理とは?経験者の僕がわかりやすく解説で紹介しているので参考にしてみてください。

 

僕は任意整理をすることで1日にパン1個しか食べることができない生活から脱出して沖縄旅行を楽しめるほどの余裕ができました。

(先に完済の金にあてろとか言わないでくださいね)

 

任意整理の判断基準は他のサイトでは見ることができないので是非、参考にしてみてください。

 

\無料匿名!60秒で借金がどれぐらい減るのかわかる/

 

どんな人が任意整理するべきかの6つの判断基準

 

経済状況や家庭環境、とれるデメリットは人によってよって違うので必ずとは言えませんが僕が考える5つの判断基準を紹介します。

 

  • 借金が70万を超えている
  • 借金の金利が15%以上
  • 毎月の返済が苦しい
  • 借入先が複数ある
  • 既にブラックリストに載っている
  • 保証人付きの借金がある

 

①借金が70万円を越えている

 

任意整理するべき判断基準のひとつめが借金が70万円以上ある場合です。

 

あなたはこれを見てなぜ中途半端な借金70万円なの?と疑問に感じたと思います。

 

理由は以下の2つです。

  • 僕の経験で借金が一向に減らなかったのがこの金額だった
  • 5年の返済で返済総額100万円以上と多額の利息がかかる(金利15%以上)

 

1つ目の理由として僕のレイクでの借金約70万円が借入をしてから2年ほど経っても借入が約70万円のままだったんですよね。

 

借入して1年は返済の約半分が利息なことや限度額の枠があれば限界まで借りては返してを繰り返してしまうので一向に減りません。

 

2つ目の理由は70万円の借入で返済総額が100万円以上ということは元金の半分の額を利息で払うことになります。

 

考えてみてください。

そのお金があれば海外旅行でパートナーや友達と一生の思い出を作ることもできますよね。

 

借金が70万円を越えていたら返済の半分を越える利息をとられることが多いので任意整理を検討しましょう。

 

逆に借金が70万円以下と少ない場合は自力返済をおすすめします!
任意整理はブラックリストに載るデメリットがあるので節約や副業で収入を上げていち早く返して楽になりましょう。
大次郎

 

>>お金がない人が簡単に始めることができる副業5選

 

②借金の金利が15%以上

 

先ほどの理由と被るところはありますが利息を払うことがいかにもったいないことかを伝えたいです。

 

金利が15%以上の借金は主に下記です。

  • 消費金融
  • リボ払い

 

なにもしなくてもお金が取られていくことをもう一度考えてみてください。

 

あなたは自販機でジュースを買うときに100円玉を落としたら拾いますよね?

他にも千円札が風で飛んでしまったら必死にとりにいきますよね?

 

見えていないお金なので実感はありませんが毎月1万円を利息で払うということは毎月1万円札を風に飛ばして取りに行かないのと同じようなことです。

 

借金に金利がある場合は任意整理で金利を0にするのがお金を無駄にしない最良の選択と言えます。

 

利息でお金を払うというのはをお金を捨てているに等しいんです!
特にリボや消費者金融のは金利が高くまったく元金が減っていきません!
大次郎

 

③毎月の返済が苦しい

 

任意整理するべきかの判断基準3つめは毎月の返済が苦しい場合です。

 

毎月貯金ができないぐらい返済に苦しんでいるなら任意整理を検討しましょう。

 

なぜなら返済に苦しみ貯金ができないということはいつ借金が増えてもおかしくないからです。

 

例えば

  • 親友の結婚式
  • 突然の車の故障
  • 事故にあって働けなくなる

 

上記以外にも急にお金が必要になることは多々あります。

 

そんなとき貯金がなければあなたはどうしますか?

 

「またお金を借りればいいか」となるはず。

 

そうやって借金が増える前に任意整理をして毎月の返済額を減らして貯金や返済をすることをおススメします。

 

返済が苦しい人の中でもこのような人は今すぐ任意整理を検討してください。

 

    こんな人は今すぐ検討

毎月返済の督促に悩んでいる

収入より支払いや返済が多くてお金のことばかり考えてしまう

ご飯を食べるお金がないほど返済に苦しんでいる

 

実はこれ全部が任意整理以前の僕です!
大次郎

 

督促は法律で止まりますし返済額も確実に減り余裕ができます。

 

この時の僕と同じように地獄の苦しみをしている人は絶対に任意整理をするべきです。

 

僕は任意整理をして他の人と同じように遊びも買い物も我慢することはなくなりました!
下の借金減額シュミレーターでどのくらい借金が減額されるかの目安がわかるので参考にしてみてください!(笑)
大次郎

 

\無料匿名!60秒で借金がどれぐらい減るのかわかる/

 

④借入先が複数ある

 

任意整理するべきかの判断基準4つめがあなたの借金の借入先が複数ある場合。

 

借金の借入先が複数ある場合は注意が必要です。

 

 

 

⑤既にブラックリストに載っている

 

任意整理するべきかの判断基準5つめが既にブラックリストに載っていること。

 

既にブラックリストに載っている方は実質デメリットなしで任意整理をすることができます。

 

つまりリスクなしで借金の悩みを解決できます。

 

任意整理のデメリットについてもう一度確認しておきたい場合は【任意整理メリット・デメリット】ローンは組めなくなる?経験者が徹底解説で紹介しているので確認してみてください。

 

悩む要素はひとつもありませんね。

 

僕は6社で弁護士費用が30万円ほどでした!
放置してたら何百万も利息で取られていました!
弁護士費用は分割払いできる事務所を選ぶことをおすすめします!
大次郎

 

下記で紹介している弁護士事務所はすべて相談無料・分割払い可能な事務所なので参考にしてください。

任意整理はどこがいい?おすすめ弁護士事務所
任意整理はどこがいい?【経験者】が選ぶおすすめ弁護士事務所ランキング!

  任意整理を依頼したいけど弁護士事務所が多すぎてどこを選んだらいいのかわからない…   このような疑問の答えがここにあります!   記事の内容 任意整理は弁護士と司法書 ...

続きを見る

 

任意整理するべきかの判断基準⑤保証人付きの借金がある

 

任意整理はまとめる借金を選ぶことができます。

 

僕は保証人付きの奨学金と前職の信用金庫のローンはバレるリスクを考えて任意整理しませんでした!
大次郎

 

任意整理以外の「自己破産」「個人再生」の場合は問答無用でまとめられるので気をつけましょう。

 

特に保証人付きの場合は保証人になってくれた人に請求がいくので。

 

家族に迷惑をかけたり周りにバレたくない場合は任意整理をおすすめします!
大次郎

 

任意整理の手続きの流れ

 

任意整理の手続きに関しては各事務所で大きく違うことはなく同じような流れです。

 

今回は実際に僕が依頼したひばり(旧:名村)法律事務所の例で紹介します。

 

step
1

 

 

とりえず始めはどの事務所でも無料相談から始まります。

 

無料相談は複数の事務所で行うことをおすすめします。

 

時間はかかりますが事務所ごとに下記のように違いがあります。

  • 任意整理の金額(数十万変わることもある)
  • 見積もり額で事務所ごとに費用の比較
  • 任意整理を受けてくれるか
  • 事務所の人との相性

 

このようなことはひとつの事務所だけではわかりません。

 

どの人になら信頼して任意整理を頼むことができるのかを相談して決めていきましょう。

 

僕も実際に3つの事務所に電話で無料相談をしましたが最終的には一番親身に相談に乗ってくれたひばり(旧:名村)法律事務所を選びました。

 

無料相談をしたからといって必ず依頼をしなければいけないことはないので自分に合う事務所を探しましょう!
大次郎

 

任意整理を依頼する事務所の選び方

 

任意整理を検討しても実際に依頼をするとなったらどの事務所に依頼をすればいいのか選ぶことは難しいです。

 

そこで僕が任意整理を依頼する時に考えるべき観点を紹介します。

ポイント

  • 費用の安さ
  • 分割払い可能
  • 無料相談可能
  • 全国無料出張面談可能
  • 任意整理の実績

 

これらの観点から下の記事でおすすめの事務所を徹底厳選しているので参考にしてみてください。

 

借金が140万円以下の人は司法書士事務所

 

借金が140万円を越える人は弁護士事務所

任意整理はどこがいい?おすすめ弁護士事務所
任意整理はどこがいい?【経験者】が選ぶおすすめ弁護士事務所ランキング!

  任意整理を依頼したいけど弁護士事務所が多すぎてどこを選んだらいいのかわからない…   このような疑問の答えがここにあります!   記事の内容 任意整理は弁護士と司法書 ...

続きを見る

 

この記事で紹介している事務所は実績のある信頼できるところだけで厳選しています!
大次郎

 

まとめ:任意整理をするか迷っている人へ

 

今回はここまで任意整理するべきかの判断基準を紹介してきました。

 

任意整理するべきかの6つの判断基準

  1. 借金が70万円を超えている
  2. 借金の利息15%以上
  3. 毎月の返済が苦しい
  4. 借入先が複数ある
  5. 既にブラックリストに載っている
  6. 保証人付きの借金がある

 

ですが、まだ悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

やはり人生において重要な決断なのでその気持ちは間違いではありません。

 

悩んでいるこそ一度弁護士に相談してみてください。

 

借金問題は専門家に相談すれば必ず解決することができます。

 

何度も言いますが相談したからといって事務所から任意整理の依頼を強制させられることは一切ないので。

 

複数の事務所に無料相談をして「この事務所になら依頼したい」と思えるような事務所を見つけてください。

 

借金の悩みを解決して心から笑顔になれるように一歩踏み出してしてみてください。

 

任意整理はどこがいい?おすすめ弁護士事務所
任意整理はどこがいい?【経験者】が選ぶおすすめ弁護士事務所ランキング!

  任意整理を依頼したいけど弁護士事務所が多すぎてどこを選んだらいいのかわからない…   このような疑問の答えがここにあります!   記事の内容 任意整理は弁護士と司法書 ...

続きを見る

 

【2020年10月】借金ブログ1ヵ月目の運営記録

  こんにちは!大次郎(@hangyaku_dai)です。   今回はブログ1か月目の運営記録を紹介します。   2020年9月23日から10月31日までの運営記録です。 ...

続きを見る

複数の事務所に無料相談するべき理由

 

任意整理おすすめ弁護士事務所

ここに任せたら解決!任意整理に強い弁護士事務所TOP3

1位 ひばり(旧:名村)法律事務所

名村法律事務所

【筆者も依頼している事務所!】

弁護士歴25年の圧倒的な信頼。

費用、サービス共に弁護士事務所トップクラス。

ひばり法律事務所で任意整理を検討する時に疑問点があればTwitterやお問い合わせからご相談ください!

費用

着手金:1件 20,000円

報酬金:1件 20,000円

減額報酬:10%

時間 平日:10:00~19:00
匿名無料相談 可能
メール受付 24時間
地域 全国

-任意整理

© 2021 借金お悩み解決局